クオリサーチ_ロゴ.tif

COVID-19 Sタンパク IgG LF

薬王堂.png

​ECサイト決済のお客様

​※ 薬王堂販売ページへ移動します

​代理店決済のお客様

berthold_logo.jpg

​※ ベルトールドジャパン販売ページへ移動します

​※ 製品の使用方法についてはこちらの手順動画をご覧ください

マニュアル

フライヤー

製品に関するお問い合わせ
メールアドレス:st_support@cellspect.com
電話番号:019-681-2088

電話受付時間:平日9:00 - 17:00(土・日・祝を除く)


※弊社は本製品の活用ならびに研究に関するサポート以外はお受けいたしかねます。

調査研究活動において偶発的に生じた結果(感染が疑われる抗体の検出など)に際するサポートはできませんので、自治体および行政機関にご相談ください。

本製品は体外診断用医薬品ではありません。予防・診断・治療目的には使用できません。

本製品は調査・研究による使用を対象としております。

誠に恐れ入りますが、本製品は研究調査を目的としたアイテムであり、地方自治体、企業、法人、団体、医療機関、行政機関、研究機関に該当しない個人のお客様のご注文はご遠慮いただいております。目的外の使用を回避するため、理解くださいますようお願い申し上げます。

<研究用製品ご購入の際の注意事項>

・本製品は研究用製品です。事前に取扱説明書、操作動画をご覧の上、ユーザー様の手技によっては正しい操作が充足できない以下のリスクがあることをご承知の上、ご購入されますようお願い申し上げます。

・誤操作、並びに血液の個別的な性状(固まりやすい、多量に出血しやすい等)による採取時の操作不良に際しては保証いたし兼ねます。

 (ランセットに関するお問い合わせはランセット製品に同梱されている添付文書に記載されてある医療機器製造販売者にお問い合わせください。)

・採取用サンプラーとランセット(医療機器)の取り扱いに際して、個人差により必ずしも全てのケースでスムーズに採血に至ることを保証するものでありません。

・検出キットは取扱説明書の試験条件、並びに学術情報に基づいた仕様となっており、全てのケースで同一の性能を保証するものではありません。

<本製品取扱企業・ご購入を検討の皆様へ>

​ 本製品は、医療機器ではなく研究用製品(雑品)ですので、 医薬品医療機器等法に該当する製品ではございません。 そのため予防・診断・治療目的には使用できません。
 本製品の発売以降、社会的関心の高さから調査研究目的の範囲が広くなっており、必ずしも当該分野の専門機関以外のリクエストも少なくありません。従って、流通商社に対して上記の販売目的に関する説明の徹底を要請すると共に消費者保護の観点から、医療機器と研究用製品との誤認、目的外使用による消費者への不利益が生じないように、景品表示並びに流通様式におけるより望ましい在り方について関係機関と協議連携を進めております。
 誠に恐れ入りますが、本製品は研究調査を目的としたアイテムであり、地方自治体、企業、法人、団体、医療機関、行政機関、研究機関に該当しない個人のお客様のご注文はご遠慮いただいております。目的外の使用を回避するため、理解くださいますようお願い申し上げます。

 今後も、研究用製品として正しくご愛顧頂くために万全を期する所存です。関係企業並びにユーザーの皆様のご理解を頂きますよう、何卒よろしくお願い申し上げます。

特長

・日本製
・低侵襲 サンプル量はわずか 10μ L 
・血液をそのままアプライ 
・必要な試薬類は全てキットに同梱 
・測定時間わずか 15 分

​製品の主な仕様

測定方法:   イムノクロマトグラフィー

測定試料:   全血、血清、血漿

サンプル量:  10 μL

測定時間:       15 分

保管温度:    2-28 ℃

品質保証期限:    本品の有効期限は製造後6ヶ月です。

キット内容

・テストスティック 
・試薬
・サンプラー 

・標準カラーチャート
※消毒綿、穿刺器具、絆創膏は同梱されておりません。

×1枚

×1本

×1本

×1枚

操作方法

 使用に関しては、取扱説明書及び動画を必ずお読みください。

Sタンパク操作方法.png

測定原理

  1. 検体中のヒトIgG 抗体に、抗SタンパクIgG 抗体がある場合、コンジュゲートパット中の金コロイド標識Sタンパクと免疫複合体を形成する。

  2. この免疫複合体は、メンブレンを毛管現象によって流れてゆき、T2 に塗布されたされた抗ヒトIgG 抗体により捕捉され、赤いテストラインを形成する。

  3. 検体中に抗S タンパクIgG 抗体が存在しないT2 にテストラインは形成されない。

Sタンパク_測定原理.png

測定の意義

 ワクチンの接種や、ウイルスなどの病原体に感染すると、生体の免疫機能により、体内には感染した病原体に対する抗体が作られる。COVID-19に感染した際には約2週間を経てIgG抗体が増大すること、また、2021年以降、S タンパ ク(スパイクタンパク)を標的としたmRNAワクチンの接種が世界中で始まり、接種後の抗S タンパクIgG 抗体の産生応答に関する研究、検証が始まっている。本キットは、SARS-CoV-2 のS タンパクを認識するヒトIgG 抗体( 抗S タンパクIgG 抗体)を検出するための研究用イムノクロマトキットであり、抗SタンパクIgG抗体の産生挙動を半定量することができる。

参考文献

1.)平松 啓一, 標準微生物学, 第 11 版, 医学書院 (2012)

2.)Wanbing Liu, “Evaluation of Nucleocapsid and Spike Protein-based ELISAs for detecting antibodies against SARS‐CoV‐2”, J Clin Microbiol. 2020 Mar 30.

3.)Li Guo, “Profiling Early Humoral Response to Diagnose Novel Coronavirus Disease (COVID‐19)“, Clin Infect Dis. 2020 Mar 21.

4.)Juanjuan Zhao, “Antibody responses to SARS‐CoV‐2 in patients of novel coronavirus disease 2019”, Clin Infect Dis. 2020 Mar 21.

5.)Grzelak et al, “SARS‐CoV‐2 Serological Analysis of COVID‐19 Hospitalized Patients, Pauci-Symptomatic Individuals and Blood Donors”. (Infectious Diseases (except HIV/AIDS), 24 April 2020)

6.)Liu et al, “Evaluation of Nucleocapsid and Spike Protein-Based ELISAs for Detecting Antibodies against     SARS‐CoV‐2”, Journal of Clinical Microbiology, 2020, JCM.00461‐20, jcm;JCM.00461‐20v1
7.)Sun et al, “Kinetics of SARS-CoV-2 Specific IgM and IgG Responses in COVID‐19 Patients”, Emerging Microbes & Infections, 9.1 (2020), 940–48
8.)Imai K, Kitagawa Y, Tabata S, Kubota K, Nagura-Ikeda M, Matsuoka M, Miyoshi K, Sakai J, Ishibashi N, Tarumoto N, Takeuchi S, Ito T, Maesaki S, Tamura K, Maeda T. Antibody response patterns in COVID-19 patients with different levels of disease severity in Japan. J Med Virol. 2021 May;93(5):3211-3218. doi: 10.1002/jmv.26899. Epub 2021 Mar 9. PMID: 33620098; PMCID: PMC8014305.

9.)Dai, L., Gao, G.F. Viral targets for vaccines against COVID‐19. Nat Rev Immunol 21, 73‒82 (2021).

10.)Edward E. Walsh et al, “RNA-Based COVID-19 Vaccine BNT162b2 Selected for a Pivotal Efficacy Study”.N Engl J Med 2020; 383:2439-2450

11.)Fernando P. Polack et al, “Safety and Efficacy of the BNT162b2 mRNA Covid-19 Vaccine”.N Engl J Med 2020; 383:2603-2615

Q&A

 本情報は、あくまで一般的事例を紹介したものであり、その効果を保証するものではありません。本情報により生じた損害については弊社では責任を負い兼ねます。
 ランセットの使用方法については、添付文書に従い適切にご使用ください。ランセットおよび、ランセットの使用方法については、ランセット製品の添付文書に記載されている製造販売業者にお問い合わせください。

 

Q. 血液がでにくいのですが

A. 穿刺前に十分に血行促進をしてください。心臓より手を下にしてグーパーしたり、穿刺する指を揉んだりすると血液が出やすくなります。また、冷え性の方はカイロ等で手を暖めておくと血液が出やすくなる場合があります。ただし手技やコンディションには個人差がありますので、必ずしも穿刺や採血が確実にできるとは限らないことをご理解願います。(穿刺操作については、ランセットの添付文書に記載されている製造販売業者にお問い合わせください。)

 

Q. 血液が多く出て、米粒大の血玉を作れないのですが

A. 清浄綿等の清潔なもので血液を拭いた後、再度ゆっくりと血玉を作ってください。血玉が確実に米粒大になってからサンプラーで採取してください。血玉が小さすぎるとサンプラーで適切に採取できない場合があります。

 

Q. 血液が多くでてきて止まらないのですが

A. 穿刺による出血がご心配の際は、ランセット製品の製造販売業者並びに医師にご相談ください。

 

Q. サンプラーで上手く吸引できません

A. 動画をご覧ください(https://www.cellspect.com/igg-lf-nucleocapsidprotein)。血玉が確実に米粒大になってからサンプラーで採取してください。
 血液量はご使用になるランセット(穿刺器具)によって異なります。サイズの小さいランセットをご使用になる場合は、血玉が確実に米粒大になってからサンプラーで採取してください。血玉が小さすぎるとサンプラーで適切に採取できない場合があります。

Q. 試薬を添加しましたが、判定窓に流れていく様子が確認できません。

A. 試薬の量が足りない可能性があります。試薬を直ちに1-2滴添加してください。1分以内に判定窓のシートが濡れ始め、検出終了確認部のラインが視認できます。試薬を添加する際は、液滴が確実に試料添加部に滴下されたことを確認してください。

 稀に、液滴中に大きな泡を包含してしまうことがあります。この場合、滴下液量が実際の1滴よりも少なくなっていることがあります。速やかに1-2滴追加で滴下すると、2分以内に判定窓のシートが濡れるので、検出終了部のラインの視認をしてください。尚、判定窓のシートが濡れていない場合は、数分経っても検出終了部のラインは発生しませんので、速やかに上記操作を行ってください。

 

Q. ピペット、並びに他社製キャピラリーにより操作する場合

A. 採血量は10μlです。溶血しないように注意深く採取し、試料添加部に緩やかに添加してください。尚、他社製スポイトやピペットの取扱方法によっては、溶血してしまうアイテムも確認されているので、このことを十分に留意の上取り扱ってください。溶血試料を添加した場合は、稀に偽陽性検出される場合がありますので、結果の解釈には十分に注意をお願いいたします。

 

 上記を試しても適切に動作している様子が確認できない場合は、スティック全体を撮影した写真画像を弊社サポート(st_support@cellspect.com)までお送りください。