体外診断用医薬品

体外診の帯.png

Top > 体外診断用医薬品 > コンパスビュー NU3

コンパスビューNU3.png

使用目的

血清、血漿、全血中の亜鉛、アルブミン、マグネシウムの測定

測定原理

1. 亜鉛

 本品は、検体中の亜鉛(Zn2+)が、キレート剤(2-(5-ブロモ-2-ピリジルアゾ)-5-(N-プロピル-N-スルホプロピルアミノ)フェノールナトウム(5-Br-PAPS)と反応し、錯体を形成し、色調変化を生じます。その際の色調変化による吸光度等の変化量から、検体中の亜鉛濃度を算出します。

2. アルブミン

 本品は、検体中のアルブミンが、ブロムクレゾールグリーン(BCG)と結合し、青色を呈します。その際の色調変化による吸光度等の変化量から、検体中のアルブミン濃度を算出します。

3. マグネシウム

 本品は、検体中のマグネシウムが、キシリジルブルーⅠ(XBI)と結合し、赤色の錯体を生じます。その際の色調変化による吸光度等の変化量から、検体中のマグネシウム濃度を算出します。

性能

 (1) 感度(検量線法による)

    蒸留水またはイオン交換水を試料として操作した場合の感度(吸光度)は 0.1 以下です。
    特定濃度の標準液を試料として操作した場合の吸光度は、 各々、以下の通りです。

    亜鉛 80 μg/dL、吸光度 0.1〜0.5

    アルブミン 3.9 g/dL、吸光度 0.1〜0.5

    マグネシウム 1.8 mg/dL、吸光度 0.1〜0.5

 (2) 正確性(検量線法による)

    全ての項目において、既知濃度の管理血清を測定するとき、既知濃度の±25%以内です。

 

 (3) 同時再現性
    全ての項目において、同一検体を5回以上同時に測定するとき、吸光度の CV 値は 15%以内です。

 

 (4) 測定範囲(検量線法による)   

    亜鉛 40 μg/dL〜160 μg/dL

    アルブミン 1.8 g/dL〜 5.5 g/dL

    マグネシウム 0.7 mg/dL 〜 3.4 mg/dL

貯蔵方法、有効期間

1. 貯蔵方法 : 2〜25℃で保存してください。

2. 有効期間: 製造後 6ヶ月

包装単位

コンパスビュー NU3     25回用

主要文献

1.) 児玉浩子:日本臨床栄養学会雑誌 40(2),120-167,2018

2.) 金井正光監修:臨床検査法提要,第31 版,p.479-480,金原出版(1998)

3.) 金井正光監修:臨床検査法提要,第35 版,p.586,金原出版(2020)

測定例

添付文書

KOMPASUアプリでも確認できます

​結果表示イメージ

NU3結果表示イメージ.png