top of page

尿中バイオピリン測定サービス

Emotional Tracer  のご案内

Emotional Tracer ™ は精神疾患発症危険状態を定量化できる最先端の生化学検査です。

臨床的意義

尿中バイオピリン(Urinary Biopyrrins)とは

尿中バイオピリンは、精神疾患発症危険状態(At Risk Mental State、ARMS)に感度を有する最新の生化学マーカーで、心理的ストレスにより生じた酸化的細胞障害の結果として生じたフリーラジカルを、ビリルビンが中和することで生成されます。バイオピリンは生成後、尿として排出されるため、尿中バイオピリンを測定することで心理的ストレスを客観的にスコア化することができます。

Emotional Tracer ™ による生化学的な測定結果は、客観的なデータとして

BPRSスコア評価を補完します。

検査サービスの流れ

1

​採  尿

弊社指定の採尿容器へ採尿し、冷蔵保管をお願いします。

2

検査依頼

依頼情報をご記入いただき、検体と一緒にお預かりいたします。集荷依頼の当日、もしくは翌日までに検査いたします。

3

結果報告

検査結果は、測定結果報告書として納品いたします​。

* ご報告まで最長5営業日を頂きます。
* 納品形態はFAXもしくは、貴院ご希望の形態にてご対応いたします。

エビデンス

Emotional Tracer ™ の
準拠メソッドにおける参考情報

尿中バイオピリンは精神疾患予備(ARMS)群のスクリーニングに有用です。
尿中バイオピリン濃度をマーカーとして、ARMS群を感度74%、特異度81%で検出することが可能です。

健常者群に対するARMS 群のROC 解析結果

Cut Off Index :3.5 µmol/g creatinine

AUC:0.779
感度:74% 
特異度:81%

測定方法:mAb24G7 ELISA 測定法(弊社測定試薬)

R.Wake., et al., Urinary biopyrrins and free immunoglobin light chains are biomarker candidates for screening at-risk mental state in adolescents. Eary Interv Psychiatry. 2022 Mar;16(3):272-280. (一部改変)

統合失調症群、うつ病群の尿中バイオピリン濃度はBPRS評価スコアに対して良好に相関がありました。また、HAM-Dスコアに対しても同様に相関が認められます。

Tsuyoshi Miyaoka, et al., Urinary excretion of biopyrrins, oxidative metabolites of bilirubin, increases in patients with psychiatric disorders. European Neuropsychopharmacology 15 (2005) 249–252 (一部改変)

統合失調症患者様の尿中バイオピリン濃度の変化を症状の経過に対してプロットした結果、尿中バイオピリンは、急性期で高く、亜急性期、回復期と症状が緩和するにつれ減少しました。
尿中バイオピリン測定値は統合失調症患者様の経過観察の評価に有用です。

Rei Yasukawa, et al., Increased urinary excretion of biopyrrins, oxidative metabolites of bilirubin, in patients with schizophrenia. Psychiatry Research 153 (2007) (一部改変)

治療上のメリット

お医者様にとって

生化学的検査による客観的なデータにより、診断精度の向上が期待できます。特に初期段階や軽度のケースの特定が容易になります。

数値データに基づいて治療計画をより具体的に調整でき、最も効果的なお薬や治療法を選択できるようになります。

定期的な検査により、治療の効果を定量的に評価し、必要に応じて迅速に治療方針を変更できます。

患者様にとって

発症前や初期段階での介入が可能になります。

客観的な数値に基づく診断と治療は、主治医との信頼と理解を深めます。これにより、治療へのコンプライアンス(治療への協力や継続)の向上が期待されます。

精神疾患に対する社会的な誤解やスティグマは、診断と治療を受ける際の大きな障壁となることがあります。生化学的検査による客観的な診断は、精神疾患を「見える化」させ、これらのスティグマを軽減する助けとなります。

病院経営上のメリット

収益源の増加と
差別化力の向上

自由診療で実施でき、病状の客観的なスコア化というサービスを患者様に提供できます。

患者様の満足度の向上とリピート率の増加

メンタルクリニックにおいて患者様からの信頼を得るためには、一般的には次の5つの重要な要素があります。まず、精神疾患の性質により、患者様は診断や治療に対して不安を抱きやすいため、①信頼性の高い情報提供と②効果的なコミュニケーションが必要です。次に、治療方法の多様性を考慮し、③患者様一人ひとりのニーズに応じた個別化された治療計画を提案することが重要です。最後に、④精神疾患に対する社会的な誤解やスティグマへの教育とサポートを通じて、⑤患者様とその家族からの理解と信頼を深めることが求められます。


尿中バイオピリン検査は、最先端の検査技術を駆使することで、医師の治療精度を向上させ、これにより、患者様の治療への満足度向上へ繋がり、貴院との長期的な信頼関係を築くことが期待できます。

ブランドイメージの向上

先進的な医療技術を導入することで、クリニックのブランドイメージが向上します。

これは、高い専門性を求める患者様の満足度に繋がり、クリニックのブランド価値を高め、より良い評判を得ることができます。

検査サービス導入の流れ

お問い合わせ・資料のご請求先

お電話:070-2038-3431(担当:志村)


もしくは、資料をお渡しした担当者までお問い合わせください。

bottom of page