Vol.44  「1滴の血液から、体内のワクチンの有効性わかる」

2022年6月24日 最終更新 セルスペクト(株)科学調査班編集

 新型コロナウイルスの感染予防策として、世界中でワクチンの接種が進んでいる。しかし昨今は、変異株が多様化し、感染者が増加傾向にある。
 現在接種が進められているワクチンは、初期の武漢株をターゲットに開発されたため、変異株へのワクチンの効果は、人によって異なるからだ。

 「ワクチンで作られた体内の抗体は、変異株に効果があるのか」。

 

 それを調べられる検査チップ(タンパク質マイクロアレイ)を、台湾の国立成功大学(台湾台南市)の研究チームが開発した。

 

 数センチ角のチップに、1滴の指先血から取り出した血しょうを乗せれば、変異株ごとのスパイクタンパク質との結合力、抗体の濃度等を調べられ、感染からの防御力「中和活性」の強さが1時間ほどでわかる。
 さまざまな変異株の抗体に反応するよう、複数のタンパク質を用いているため、どの変異株に感染しやすいかがわかる。ワクチンの追加接種の判断材料になる。

 

 また、軽度、重度の患者のチップの反応を分析したデータから、重症化しやすい変異株もわかる。

 

 このチップは、手間や時間がかからないため、クリニックや在宅医療などで導入しやすい。
 普及すれば、各個人のワクチンの有効性だけでなく、普及しているワクチンの効果検証にもなるだろう。汎用すれば、インフルエンザ等の他の感染症の予防対策、治療法の選択にも使える。
 

 引用文献:​

  1. Tzong-ShiannHo et al., May 15, 2022, “Development of SARS-CoV-2 variant protein microarray for profiling humoral immunity in vaccinated subjects”. Biosensors and Bioelectronics.

  2. Wen-Yu Su et al., April 20, 2022, “Antibody Profiling in COVID-19 Patients with Different Severities by Using Spike Variant Protein Microarrays”. Analytical Chemistry.

<免責事項>
本情報は、当社の販売商品やサービスとは一切関係ありません。また、記載内容はあくまでも編集者の主観に基づいたものであり、その正確さを保証するものではありません。より、詳しくは、上記の引用文献にある公的報告書、査読付き論文を参照してください。本記載内容を転載することは自由ですが、これにより発生したいかなる事象についても弊社では一切責任を負いません。