COVID-19後の世界では医療制度はどのように変わるのか?

2020年6月12日最終更新 Cellspect Co., Ltd

 6月8~12日に、仮想One-on-Oneパートナーシップや、専門家レベル教育コンテンツをとりあげる、BIO Digitalが完全オンラインで開催された。「COVID-19後の世界では医療制度はどのように変わるのか?」と題したセッションでは、Alnylam Pharmaceuticals、IGES Institute GmbH、CSL Behring、Crowell&Moring International LLC (CMI) を含む世界的に著名なバイオテクノロジー企業の役員や専門家を招き、貴重な意見交換がなされた。

 Covid-19の世界的大流行は、世界の保健・開発コミュニティに前例のない混乱をもたらした。感染症と闘い、医療従事者を支援し、社会サービスを提供し、生活を保護する組織は、世界の注目の的となっている。しかし、彼らはアクセス、安全性、サプライチェーンのロジスティクス、そしてかつてないほどの財政的ストレスといった課題によって、仕事が複雑になっていると感じている。

 

 Alnylam Pharmaceuticals社Alan F.Eisenberg 副社長は、この流行により税収減少と経済活動縮小が誘発され、人口の高齢化が米国医療制度を困難な状況にしている、と指摘した。この問題は流行の初期から存在していた。米国の国民健康保険制度(医療保険)では、2026年までに準備金が底をつき、早ければ2023年にも危機に直面すると予測している。今こそ、民間および公的医療保険という米国の医療制度がどのように機能するか、今後数年間のとるべき選択肢を検討しなければならないタイミングである。

 

 IGES Institute GmbH社Fabian Berkemeier 取締役は、欧州では特に経済不況時に、医療費削減の為、医薬品を削減し費用節約をすることが多いと述べている。しかし、COVID-19は、最終的には医療崩壊へと発展した、経済危機である。流行の下では、国民が革新的医薬品を良く理解できないため、病院・医師と医薬品の連携が不可欠である。特に高価で革新的な治療法については、患者の受診を継続させるためにこの連携が不可欠となる。患者も業界も、受診継続を望んでいる。

 

 CSL Behring社Stefan Neudoerfer 上級取締役は、欧州では国民皆保険制と政府提供型医療に分かれていると述べている。欧州連合EUは、この疫病に対処し、政府と産業の復旧のために、約7,000 億ユーロの景気刺激策を開始すると予想している。(欧州委員会は、資金を配分するための各国のニーズを評価する) 実際に、欧州の医療システムは、今後次の疫病対策をより良く実施できるように、この感染症の事例から学ぶべきである。これは、特にある特定の「優先救助」が起こった後の、保険会社と業界間協力の機会である。彼は、COVID-19は医療制度の発展を推し進める新しい感染症だ、と強調した。

 

 中国は最も早く感染拡大した国だ。L.E.K. Consulting の中国パートナーである Helen Chen は、大流行の間、人々は病院に行かず、代わりにオンラインで相談する、と述べた。従って、中国における遠隔医療の利用は著しく増加している。たとえば、「ピング・ザ・グッド・ドクター」は、大規模な保険会社が運用する医療サービスアプリケーションである。さらに Alibaba Health の登録数は前年の9倍だった。同氏は、これらの新興ネットワークプラットフォームはデジタルヘルスの拡大にとって非常に重要だと述べた。自動化されたAIと公衆衛生、臨床試験、デジタルプラットフォームが注目を集めるだろう。さらに、中国と世界は将来のトレンドとなる、新型コロナウイルス感染症の新医薬品と新ワクチンの安全性と供給体制について議論中である。

 

 最近、Kois Caring Financeは、COVID-19後の世界における医療の投資可能なモデルをまとめた。

 彼らは、遠隔医療、ポイントオブケアテスト、価格が手頃な医療機器、電子医療記録 (EHR) 、健康解析・患者教育・自覚プラットフォーム、および自己健康管理ツールを、6つの最も有望なモデルと結論付けた。すなわち、遠隔医療とデジタルプラットフォームは、人々がキュレーションされた健康関連情報を見つけ、医師や医療に「いつでもどこでも」つながることを助ける。各国政府が接触者追跡、空港などの入国地点でのスクリーニング、および高確率人口集団に対する集団スクリーニングを実施するため、ポイントオブケア (POC) 機器は今後非常に有用となるであろう。また、これらのデバイスを中央監視施設に接続し、テスト結果追跡、検証、分析、およびアーカイブを行うことができる。

 

 COVID-19は今後もおそらく消え去らず、生活と医療も変わり続ける。医療はよりパーソナライズされ、アクセスしやすく、手頃な価格にするためのテクノロジーの活用が進んでいる。政府、保険会社、バイオ企業は、このような厳しい現実をともに直視するために、革新的で柔軟な緊急対策を講じなければならない。

 引用文献:

  1.  BIO Digital: https://www.bio.org/events/bio-digital/sessions#2020-06-08

  2.  Healthcare in a post-COVID-19 world: investable models: https://koisinvest.com/

当サイトの情報につきまして:

 細心の注意を払って現時点で最も正しいと考えられる情報をWebサイトに掲載しておりますが、その内容の正確性や安全性については保証するものではありません。 また、当Webサイトをご利用になったことにより生じるいかなる損害について一切責任を負いません。 当社は、予告なしに当Webサイトに掲載した情報を変更することがあります。また、Webサイトの運営を中断または中止することがあります。

セルスペクト 株式会社

020-0857

岩手県盛岡市北飯岡2-4-23

TEL: 019-681-6710 / FAX: 019-903-0418

MAIL:info@cellspect.com

URL: https://cellspect.com

【COVID-19関連 製品のお問い合わせ】

TEL: 03-5825-3557

MAIL: info@berthold-jp.com

※正規代理店ベルトールドジャパン株式会社 直通

【COVID-19関連 取材のお問い合わせ】

TEL: 019-134-6616

MAIL: support@cellspect.com

Copyright ©2018 cellspect All Rights Reserved. Wix.comで作成したホームページです。