大腸菌数測定キット

96well x 4 ¥96,000

​(税別)

​※ 正規代理店ページへ移動します

ニュア

​フライヤー

関連情報

​製品の主な仕様

測定方法:   酵素活性測定法

励起波長:   360 nm

測定波長:   460 nm

測定試料:   下水、工場排水、河川水、地下水、飲料水

交差性:    E.coli

保管温度:   2-8 ℃ 保管

品質保証期限:   本品の有効期限は製造後 6 カ月です。

使用機器:       蛍光マイクロプレートリーダー

キット内容

大腸菌選択性凍結乾燥培地含有プレート 96well      x 4枚

測定原理

 大腸菌用培地には大腸菌の増殖を促進する有機化合物や無機化合物、さらには大腸菌用の特定酵素基質が含まれている。大腸菌用の特定酵素蛍光基質は、大腸菌が特異的に生産する酵素(β-D-グルクロニダーゼ)の基質であるβ-D-グルクロニドに蛍光分子が結合したものであり、これ自体は蛍光を発しないが、β-D-グルクロニドが分解されると蛍光分子が遊離し蛍光が生じる。

 蛍光強度は特定酵素蛍光基質の分解量に比例するので、蛍光強度の時間変化(傾き)は酵素活性に等しい。

 酵素活性は酵素量、すなわち大腸菌数に等しい。

 β-D-ガラクトピラノシドに蛍光分子が結合した特定酵素蛍光基質を用いれば、大腸菌群数を測定できる。

測定の意義

 本キットは、大腸菌数を測定するためのキットです。

 現在大腸菌数はシャーレ上に作製した寒天培地や試験管内に作製した液体培地を用いて、24時間程度かけて培養することによって測定されています。培地を作製する際にはクリーンな環境が必要で、菌の計測には分析者の主観が入る可能性もあります。本キットはこのような既存の技術の欠点を全て克服した、簡易、迅速、低コストの大腸菌測定技術です。さらに、一度に96サンプルを同時に分析することもできます。本キットは、下水、工場排水、河川水、地下水、飲料水など、あらゆる液体中の大腸菌数を測定可能で、水系感染症や食中毒の原因となる糞便汚染を迅速に検出します。

キット操作方法

​ (1)プレートリーダーを37℃に設定する。

​ (2)プレートに貼付してあるシールに穴を開ける(またはシールを剥がす)。

​ (3)測定試料を培地入り96ウェルプレートのウェルに200 μLずつ分注する。

 (4)励起波長360 nm, 測定波長460 nmに設定し、10分毎に3時間測定する。

​実施例

関連文献

  • J.-B. Burnet 2019. 
    “Autonomous online measurement of beta-D-glucuronidase activity in surface water: is it suitable for rapid E. coli monitoring?”

      Water Research. Vol.152 pp.241-250.

  • F.J. Ferrero 2016. 
    “A Novel Handheld Fluorimeter for Rapid Detection of Escherichia coli in Drinking Water.”

      IEEE Sensors Journal. Vol.16, pp.5136–5144.

  • I. George 2000.
    “Use of enzymatic methods for rapid enumeration of coliforms in freshwaters.”

      Journal of Applied Microbiology. Vol.88, pp.404–413.

  • N.S.K. Gunda 2016. 

       “A hydrogel based rapid test method for detection of Escherichia coli (E. coli) in contaminated water samples.”

      Analyst. Vol.141, pp.2920–2929.

  • B. Heery 2016.
    “ColiSense, today’s sample today: A rapid on-site detection of β-D-Glucuronidase activity in surface water as a surrogate for E. coli.”

      Talanta. Vol.148, pp.75–83.

  • N. Hesari 2016.
    “A biosensor platform for rapid detection of E. coli in drinking water.”

      Enzyme and Microbial Technology. Vol.83, pp.22–28

  • G. Magro 2014.
    “Synthesis and Application of Resorufin β-D-Glucuronide, a Low-Cost Chromogenic Substrate for Detecting Escherichia coli in Drinking Water.”

      Environmental Science & Technology. Vol.48, pp.9624–9631.

  • D. Wildeboer 2010.
    “Rapid detection of Escherichia coli in water using a hand-held fluorescence detector.”

      Water Research. Vol.44, pp.2621–2628.

参考文献

1.)Hisashi Satoh, Kai Kikuchi, Yutaka Katayose, Shu Tsuda, Reiko Hirano, Yuga Hirakata, Masaaki Kitajima, Satoshi Ishii, Mamoru Oshiki, Masashi Hatamoto, Masahiro Takahashi, Satoshi Okabe (2020) Simple and Reliable Enumeration of Escherichia coli Concentrations in Wastewater Samples by Measuring β-D-glucuronidase (GUS) Activities via a Microplate Reader. Science of The Total Environment. In press

2.)佐藤 久、津田 収、菊地 凱、平野麗子 (2019) 特定酵素蛍光基質を用いた下水中の大腸菌群の簡易迅速測定法の開発. 下水道協会誌. 56(684), 110-117.

​↓製品についてのご質問は、こちら↓

セルスペクト 株式会社

020-0857

岩手県盛岡市北飯岡2-4-23

TEL: 019-681-6710 / FAX: 019-903-0418

MAIL:info@cellspect.com

URL: https://cellspect.com

【COVID-19関連 製品のお問い合わせ】

TEL: 03-5825-3557

MAIL: info@berthold-jp.com

※正規代理店ベルトールドジャパン株式会社 直通

【COVID-19関連 取材のお問い合わせ】

TEL: 019-134-6616

MAIL: support@cellspect.com

Copyright ©2018 cellspect All Rights Reserved. Wix.comで作成したホームページです。